リョウシンJV錠 副作用

リョウシンJV錠の気になる副作用についてご紹介しています。リョウシンJV錠の配合成分に副作用の危険性はあるのか?
MENU

リョウシンJV錠の副作用は?知っておきたいリスクを調査

リョウシンJV錠は、つらい関節痛や神経痛などに効果があるだけに、これまでいろんなことを試しても痛みが無くならななった方にとって救世主ですね。

 

しかし、効果があるのは確かに期待出来そうだけど、やはり誰もが気になるのが副作用のリスクではないでしょうか?

 

  • どんな副作用があるのか?
  • どんな注意点があるのか?

 

あらかじめ知っておくことで不安感が少しでもなくなりますね。知っておきたい副作用のリスクを詳しく調査してみました。

 

リョウシンJV錠の副作用

消化器 吐き気・口内炎・嘔吐・胃部不快感
皮膚 発疹・発赤・かゆみ

 

リョウシンJV錠の説明書には、これらの副作用があるリスクもきちんと書かれています。頻度は低いにしても全く起きないとは言い切れません。

 

個人差もありますし体調不良のとき、アレルギー反応が起こるとき、これらの副作用もあるかもしれないと知っておくのは賢明でしょう。

 

  • 軟便・下痢・便秘
  • 生理周期が早まる・経血量が増加

 

また、上記の症状が継続したり、増強したりする場合には、服用を中止するように説明書には書かれています。

 

いずれの症状があった場合には、医師や薬剤師に相談をするのが望ましいと考えられます。

 

副作用に関する注意喚起

せっかく、リョウシンJV錠に巡り会ったのですから、つらい関節痛や神経痛を少しでも改善したいものですが、副作用の症状が出てしまうと継続ができなくなります。

 

痛みを何とかしたいと思って服用し始めたのに、効果が体感できる前に副作用が出てしまうのは、普段の痛みや不調を抱えている方にとってさらなる負担になるでしょう。

 

効果が期待できる医薬品でありながら、自らがリスクを上げないようにするためには、できるだけ注意を払っておくことも心得ておきましょう。

 

添加物のアレルギーがある場合

リョウシンJV錠は、第3類医薬品で取扱いに関して第1類医薬品のように厳密に扱う必要はありません。

 

薬剤師ではなく登録販売者がいれば販売できると認められています。

 

しかし、

 

乳酸カルシウム水和物,無水ケイ酸,ヒドロキシプロピルセルロース,セラセフェート,セルロース,バレイショデンプン,乳糖水和物,ステアリン酸マグネシウム,ヒプロメロース,白糖,アラビアゴム末,ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール,タルク,酸化チタン,リボフラビンリン酸エステルナトリウム,カルナウバロウ

 

といった添加物が含まれているのは確かです。この添加物にアレルギー反応が起こることも考えられます。

 

投薬治療を受けている場合

リョウシンJV錠は、ご説明したように第3類医薬品で副作用のリスクは低い分類に該当しています。

 

ただし、医薬品ですので飲み合わせにより副作用が起こる可能性はあり得ます。

 

もしも、医療機関で投薬治療を現在行っている場合には、その薬との反応が起こる可能性もあります。

 

事前に、リョウシンJV錠を検討しているときに医師に相談をするのが望ましいでしょう。取扱説明書を持参しておくのがおすすめです。

 

過剰摂取をした場合

リョウシンJV錠を飲み始めてできるだけ早く痛みから解放されたいと思って、過剰摂取をしてしまうと副作用が起こることも考えられます。

 

やはり、医薬品ですので過剰摂取をすればそれだけ体が反応を起こしてしまうからです。

 

用法・用量を守って服用することを前提としているので、それを守らずに服用をすればリスクが極めて低い医薬品でも副作用が出てしまうこともあります。

 

  • 年齢による用法・用量
成人(15歳以上) 2〜3錠
11歳以上15歳未満 1〜2錠
11歳未満 服用しないこと

 

  • 飲み忘れた分をまとめて飲まない
  • 過剰摂取で効果が高まるわけではない

 

妊娠時・授乳時の場合

医薬品ですので、医師に相談をすることをおすすめします。

 

リスクが低い医薬品でも、大事な妊娠時・授乳時に何らかの影響があるかもしれないからです。

 

胃に負担をかけない工夫

サプリならどのタイミングでも摂取が可能なものも多数ありますが、リョウシンJV錠は医薬品ですので空腹時に服用すれば、胃にダメージを与える可能性が出てきます。

 

吐き気・口内炎・嘔吐・胃部不快感をできるだけ起こさないようにするには、食後30分以内の服用を守りましょう。

 

何らかの事情がある食事を抜いてしまった場合でも、何かひと口食べてから飲むのが無難です。

 

特に、胃弱、胃もたれしやすい方は、胃へのダメージを普段から感じやすいことを自覚されているでしょうから、リョウシンJV錠の服用時間はきちんと守るようにして下さい。

 

副作用もでないけれど効能が感じられないとき

サプリの場合には持続して飲むことを前提としているものが大半です。

 

リョウシンJV錠の場合は医薬品ですので、1ヶ月程度の服用で効能が感じられないときには、医師や薬剤師に相談をすることを公式サイトでも勧めています。

 

副作用もなく安心して飲めていても、効果が体感できないのは自分の症状に合っているのかと悩めるところです。

 

正しい治療になっているかどうかも合わせて、相談をするのが賢明ですね。

 

気になることはお問い合わせを

株式会社富山常備薬グループ

0120-309-093 平日9:00〜18:00
0120-149-931 副作用被害救済制度

 

これらのフリーダイヤルが設置されているので、服用中や検討中の方も気になることは遠慮なく問い合わせをしてみましょう。

 

まとめ

リョウシンJV錠の副作用は極めて低いとされるものの、アレルギー、投薬中、過剰摂取の場合には、個人差に寄っては起こりうることが理解していただけましたか?

 

医薬品ですから、いくら危険性は低いといっても正しい飲み方を守ることが前提です。

 

リョウシンJV錠は痛みに作用する有効成分が配合されていて、効果的に作用する魅力がありますが、これから飲み始めるときに副作用のことを理解しておくこともとても大事なことです。

 

関節痛・神経痛などのつらい症状のケアを飲んで行うためにも、注意点を守って効果的に使いたいものですね。

 

 

リョウシンJV錠の参考記事

このページの先頭へ